税金を軽減するには? - 家を買うための5つのポイント

家を買うための5つのポイント > 税金を軽減するには?

税金を軽減するには?

家を購入するポイントとして、家を購入するタイミングについてお伝えしました。
次のポイントは「税金」についてです。
家は一生の買い物でもあるので、支払い総額がかなりの大きな金額になります。
その総支払額を抑えるためのポイントをここでは紹介したいと思います。
それは『二、住宅の支払いは税の軽減効果を最大限に使う』です。

では、住宅の支払いに関して、税の軽減効果があるものは、どういったものがあるでしょうか。
まず、第一には「住宅ローン減税」があります。
所得が3000万円以下であることやローンの支払い期間が10年以上であることが必要になりますが、残債の1%が税金から控除されます。
この控除の期間は、26年4月1日以降に購入された人は10年間、所得税の対象から控除されます。
最大の控除の金額が年間40万円となりまして、余った金額は住民税を引くことも出来ます。
毎年、40万円の所得税が軽減されて、最大400万円の所得税が軽減されるので、ローンの支払い者にとってメリットがあります。
ですので、10年間ローンの残債を多くして、10年間の住宅ローン減税期間が終わった際に、繰り上げ返済をすることも出来るのです。

では、他に住宅ローンの支払いに関して、税の軽減効果が期待出来るものはありますでしょうか。
それは、贈与税です。
譲与税は年間110万以上の金額を贈与した場合にかかる金額です。
一般の住宅であれば、700万円までが非課税になります。
贈与のメリットは将来の相続額を減少することが出来ることです。
将来の相続税を減少させるために、贈与の非課税を利用するのはいかがでしょうか。

以上、『二、住宅の支払いは税の軽減効果を最大限に使う』という住宅購入のポイントについてお伝えしました。
このような住宅に関わる税金は、複雑なことも多く、内容について理解することが難しいこともあります。
ただ、住宅ローンの支払いは長期に渡るので、税金の軽減効果があるとないとでは、将来かなりの金額が変わってくるので活用してみてはいかがでしょうか。