お得なローンは? - 家を買うための5つのポイント

家を買うための5つのポイント > お得なローンは?

お得なローンは?

家を購入する際に最も迷うことは何でしょうか。
どんな家に住むか?ということも大事ですが、住宅ローンをどうするか?ということも迷うことになるかと思います。
どこの金融機関で借りる?何年のローンを組む?
こういったことなど、悩むことも多いと思います。
では、住宅ローンを借りるうえでのポイントはどういったことになるでしょうか。
それは『三、住宅ローンは月々の支払いだけでなく、総額も意識する』ということになります。

住宅ローンを借りる際に、ついつい月々の支払いに目が行きがちです。
今の家賃とあまり変わりがないとか、賃貸なみの金額でいまよりも大きな家に住むことが出来るなど、月々の支払い額に意識が行きがちです。

ただ、一方で総支払額についても意識を向けることが重要です。
例えば、30歳の時に、3000万円の物件を固定金利1%で借りて、35年で返済したとします。
そうすると、月々約84000円を返済して、総支払額が約3550万円になります。

一方、30歳の時に家を購入せずに、貯金をしていき600万円を貯金したのが35歳のとき、頭金600万円を入れて3000万円の物件を固定金利1%で借りて27年間返済したとします。
そうすると、返済額は月々約84000円で先ほどの例とあまり違いがあるわけではありません。
しかし、62歳で返済が終わり、総支払額が約2730万円となります。
そうすると、先ほどの頭金と合わせても約3330万円となります。
およそ200万円ほどローン支払いの金額が変わってきます。

月々の金額としては、全く同じですが、総支払額がかなりの金額になります。
ここで言いたいこととしては、どちらのタイプも住宅ローンを支払い終わったら、老後が近づいてくるということです。
もし、総支払額の金額がかなりの金額になっていた場合、老後に向けて貯蓄することが難しいかもしれません。

以上、『三、住宅ローンは月々の支払いだけでなく、総額も意識する』と購入する際のポイントについてお伝えしました。