家購入と賃貸は比較するとどちらが得か? - 家を買うための5つのポイント

家を買うための5つのポイント > 比較するとどちらが得か?

家購入と賃貸は比較するとどちらが得か?

家を購入するのと賃貸で住むのはどちらが得なのか?という話があると思います。
結論のポイントとしては『五、自分が何を求めているかによって、家購入か賃貸を選ぶこと』なのですが、それぞれどういったメリットがあるかについてまとめました。

まず、家を購入した方が得という意見はどういったものがあるでしょうか。
家購入のメリットとしては、まず家賃を払い続けることがないということがあります。
家購入は、住宅ローンを利用した場合は、払い終われば、自分の資産とすることが出来ます。
一方、賃貸は毎月毎月支払いを続けなければいけません。
場合によっては、老後の年金生活をしている際に、家賃を払い続けなければいけないということがあります。

次に、家を購入することのメリットは「カスタマイズ」が可能ということです。
どんな家に住みたいか?その要望により合わせることが出来るのが、家購入のメリットです。
子供部屋を広くしたい、キッチンから家族がよく見渡せるようにしたい、ペットのスペースを充実させたい。
そういった細かな要望により応えられるのは、家を購入することのメリットです。
一方、賃貸だと自分の要望に応えることは可能ですが、自分のイメージに当てはまる賃貸だと探すのも大変な場合がありますし、細かな要望には応えにくい場合があります。
ですので「こういった家に住みたい」という強い要望がある際には、家購入を選んだ方が良いでしょう。

では、賃貸のメリットはどういったことでしょうか。
賃貸のメリットは人生の変化に応じた柔軟性があるということです。
例えば、新しい家に住んだけれど、転勤が決まった。
一生一人で生活していくと思ったが、結婚することになった。
そういった人生の変化に応じて、家を変えることが出来るのが賃貸のメリットです。
もちろん、家を購入した際も、家を売却することによって、変化に対応することも出来ます。
しかし、一般的には売却価格というのは購入価格よりも低いことが多く、また必ずしもすぐに買い手がいるというわけではありません。

以上、家購入と賃貸をそれぞれ比較しながらメリットについてお伝えしました。
大事なところは、自分は住宅に何を求めるか?ということです。
その自分が求めていることに合わせて、家購入か賃貸を選んでみてはいかがでしょうか。