家購入の頭金の目安って? - 家を買うための5つのポイント

家を買うための5つのポイント > 家購入の頭金の目安って?

家購入の頭金の目安って?

家を購入するのに、頭金ってどのくらい必要なのでしょうか。
頭金の目安はどのくらいなのでしょうか。
頭金をたくさん入れることができれば、借入額も少なくて済みますし、ただ頭金をずっと貯めていると、いつまで経っても家を購入することができません。
頭金を多く支払うべきだ、物件価格の最低2割は必要という意見もありますし、一方で頭金を払くて、住宅ローンを借りるべきという意見もあります。
どちらの意見が正しいのでしょうか。

まず、頭金を物件価格の最低2割は入れる必要があるという意見についてまとめてみました。
頭金を多めに支払うことのメリットとしては、ローンの総支払額が少なくなるということです。
例えば、5000万円の物件を頭金なしで借りた場合についてお話します。
この場合、固定金利1%で35年ローンの場合、総支払額は5927万円になります。
一方、物件価格の2割を頭金として入れた場合はどうなるでしょうか。
他の条件が同条件である場合、総支払額は4742万円になります。
頭金の1000万円と合わせて、総支払額として200万円弱が少なくなるのです。

では、頭金を入れないで、住宅を購入することのメリットはどういったことがあるのでしょうか。
まず、頭金を入れないということは借り入れの金額が多くなるということです。
これは、団体信用生命保険の効果がより大きいということがあります。
団体信用生命保険は、住宅ローンを借りている人が亡くなってしまった場合、返済を免除する保険になります。
なので、住宅ローンの残債がほとんどなかった場合、保険としての効果が低くなるということがあります。

また、頭金を入れないことのメリットは、自分の予算より少し上の住宅を購入することが出来るということです。
自分の予算より、少し上の住宅を購入して、もし自分に万が一があってしまった場合、周りの人に迷惑をかけることがない。
そういった考え方で住宅を購入する際には、頭金を入れないで住宅を購入した方が良いでしょう。