家を購入するなら、マンション?一戸建て? - 家を買うための5つのポイント

家を買うための5つのポイント > マンション?一戸建て?

家を購入するなら、マンション?一戸建て?

家を購入するのであれば、マンション?一戸建て?
どちらが良いのでしょうか。
それぞれのメリットをご紹介します。

まず、マンションのメリットとしては、設備面に関しての優位性があります。
オートロックなどのセキュリティに関しては、マンションの方が良いでしょう。
また、セキュリティだけでなく、様々な設備が整っているのはマンションの方です。
来客の対応や荷物の受け取りなど、コンシェルジュサービスがあるマンションも最近ではあります。
こういったセキュリティや各種設備が整っているのはマンションのメリットの一つです。
また、物件価格として一戸建てよりも安い傾向があるのはマンションの方です。
一長一短ではありますが、土地の代金が物件価格に含まれていないので、その分割安になるメリットがあるのがマンションになります。

次に一戸建てを購入することのメリットについて、紹介します。
一戸建てのメリットとして、挙げられるのが、周辺環境に対してのことです。
マンションだと、上の階や隣の部屋のことが場合によっては気になることもありますが、一戸建てだと、そういった心配がないことがメリットです。
また、一戸建てのメリットは物件価格のメリットもあります。
住宅の価格は時期によって減価償却されていきますが、最終的に土地の代金は一戸建ては残ります。
なので、将来的に売却の可能性がある際には、一戸建ての方が土地を含めた価格で売却することが出来るのがメリットです。

最後に一戸建ては自分の要望を伝えやすいというところもメリットです。
マンションの場合はすでにある部屋があって、その部屋が自分の要望に合うか?というところが少なからずあります。
しかし、一戸建ては間取りのことなど、細かい点も自分の要望を伝えることが出来ます。

以上、マンションと一戸建てを購入する際に、それぞれどんなメリットがあるかについてお伝えしました。
大事なのは、どちらが自分の希望に合っているか、それを含めて考えるのが良いのではないでしょうか。